株式会社FTH

蒸熱処理装置

熱帯産果菜類の安全な輸出入を確実にサポート。

F T H の差圧式蒸熱処理技術が安心と信頼をお届けします。

蒸熱処理装置 Vapor Heat Treatment System

パパイヤ、マンゴー、茘枝、パプリカなどの果菜類を日本国内に持ち込む際は、植物検疫法により蒸熱処理などで殺虫し、国際基準をクリアすることが義務づけられています。コンテナ方式でコンパクトな「差圧式蒸熱処理装置」は、薬品を使わず、高温高湿の飽和蒸気で果実内の害虫の卵・幼虫をクリーンに消毒処理。 さまざまな果菜類のより安全な輸出入、国内への持ち込みを可能にします。

  • vhts1
    VHC-300M
  • vhts2
  • vhts3
    VHC-500M
  • vhts4

特徴

人体や環境にやさしいシステム

薬品を使用せず熱処理のみで消毒する人体や環境にやさしい処理システム。果実への残留農薬の心配もありません。

優れた温・湿度の分布性能で効率向上

差圧方式の採用により、コンテナ内の湿度・温度分布のムラを解消。また高性能循環ファンの開発で、上下層コンテナの果実温度上昇時間差を短縮し、処理量の増加※も可能にしました。(※:6段/1 パレット→ 7段/1 パレット)

果菜類の品質を保ちながら確実に消毒

吸排気ダンパー*の制御により、50%~.98% RH の幅広い湿度コントロールを実現し、低.高湿度域での高精度な温・湿度コントロールにより高い消毒能力を発揮。さらに熱処理による果菜類へのダメージを低減して味覚や外観などの品質を保護します。※特許取得済み

イニシャルコストを低減

コンパクトなコンテナ方式なので、据付スペースが小さく設置も容易。事業規模に合わせて、処理量の異なるさまざまなタイプ を選べ、イニシャルコストも抑えることができます。

だれにでもできる簡単操作
vhts5

パレットに積みつけた処理カゴをコンテナ内に収めた後は、スタートから蒸熱処理後の冷却を選べ、イニシャルコストも抑えることができます。

品温センサーのセットが容易
vhts6

果菜類の処理カゴをコンテナに搬入する前に、センサーを簡単にセット。処理室に入り込んでの作業は不要です。

仕様

仕様の一覧(PDF)

共通性能
温度範囲 室温+ 10℃~60℃
湿度範囲 50%~98%RH
温度調節幅 0.1℃
湿度調節幅 0.1%RH
温度分布 ±0.1℃
湿度分布 ±1.0%

 

VHC-150M
処理量(マンゴの場合) 1,500Kg/batch
処理室(L×M×Hmm) 3,920×2,440×3,160
処理パレット数 3 パレット
定格 電  源   AC200V 50/60Hz
最大消費電力 75KW
最大消費水量 蒸熱 18㍑/hr.
冷却 180㍑/min.

 

VHC-250M
処理量(マンゴの場合) 2,500Kg/batch
処理室(L×M×Hmm) 6,320×2,440×3,160
処理パレット数 5 パレット
定格 電  源 AC200V 50/60Hz
最大消費電力 115KW
最大消費水量 蒸熱 24㍑/hr.
冷却 300㍑/min.

 

VHC-300M
処理量(マンゴの場合) 3,000Kg/batch
処理室(L×M×Hmm) 7,520×2,440×3,160
処理パレット数 6 パレット
定格 電  源 AC200V 50/60Hz
最大消費電力 140KW
最大消費水量 蒸熱 27㍑/hr.
冷却 360㍑/min.

 

VHC-500M
処理量(マンゴの場合) 5,000Kg/batch
処理室(L×M×Hmm) 12320×2,440×3,160
処理パレット数 10 パレット
定格 電  源 AC200V 50/60Hz
最大消費電力 230KW
最大消費水量 蒸熱 48㍑/hr.
冷却 600㍑/min.

 

VHC-600M
処理量(マンゴの場合) 6,000Kg/batch
処理室(L×M×Hmm) 13520×2,440×3,160
処理パレット数 12 パレット
定格 電  源 AC200V 50/60Hz
最大消費電力 270KW
最大消費水量 蒸熱 52㍑/hr.
冷却 720㍑/min.

 

vhts7

※上記仕様以外にも、少量から大量の処理量(50Kg~12,000Kg)、高温域の処理(~90℃)など、その他ご希望に添ったタイプをご提案いたします。

 

研究・試験用小型タイプ

果実障害試験・殺虫試験・消毒試験などにお役に立ちます。

仕様
vhts8
型   式 VHC-10T VHC-10TM(高温タイプ)
外寸法
(L×M×Hmm)
3,250×1,030×1,820 3,250×1,030×1,820
処理室
(L×M×Hmm)
1,560×800×800 1,560×800×800
温度範囲 室温+ 10℃~60℃ 室温+10℃~90℃
湿度範囲 55%~98%RH 55%~95%RH
温度調整幅 0.1℃ 0.1℃
湿度調整幅 0.1%RH 0.1%RH
電  源
AC200V 50/60Hz
20Kw

AC200V 50/60Hz
28Kw

サポート体制

アフターサービスも充実
vhts9

タイに海外事務所と関連会社の「P&F Techino社」、台湾にサポート事務所があります。

蒸熱処理装置をつねにベストの状態でお使いいただくために、主要拠点から、納入設備の保守、メンテナンスなどのサポートも行っています。

また、FTHには蒸熱処理に携わって30年の経験をもつスタッフがスタンバイしております。

それぞれの果実の特性に合った蒸熱処理時の温度プログラムなどを的確にアドバイスし 果肉の品質を損なわないスムーズな処理をお約束いたします。

  • 1.株式会社FTH 本社
  • 2.台湾事務所
  • 3.バンコク事務所
  • 4.P&F Techno Co.,Ltd.
  • 蒸熱処理装置
  • vapor heat treatment system
  • 苗類病害虫防除装置
  • 果実選別装置
  • ドライフルーツ製造装置

株式会社FTH

  • 〒890-0045 鹿児島県鹿児島市武1-9-12 松山ビル2F
    TEL:099-286-1201 FAX:099-286-1222
  • Matsuyama Bldg. 2Flr, 1-9-12 Take,
    Kagoshima-shi Kagoshima, 890-0045 JAPAN
    Tel:(81)99-286-1201 FAX:(81)99-286-1222